住宅購入を考える時、一戸建ての家は、築年数が20年を超えると、色々なところが傷んでくることを考慮することが大事だと思います。

購入と賃貸の選び方
購入と賃貸の選び方

住宅購入を考える時

購入と賃貸の選び方
住宅購入を考える時、一戸建ての家は、築年数が20年を超えると、色々なところが傷んでくることを考慮することが大事だと思います。
屋根、外壁は、すごく傷みやすいです。
風や雨に晒されるからです。
築20年で、これらに関しては、リフォームが必要になります。だから、屋根や外壁に特殊な素材が使われていないかどうかは、重要だと思います。特殊な素材が使われていると、リフォームが高くつく可能性が高いからです。
一般的なものが使われている方が、リフォームが安くできます。
また、賃貸を選ぶ時は、敷金、礼金が0円と言うのは、注意が必要です。
これが0円であると言うことは、入居者の質が悪い可能性が高くなります。これが0円であると、すごく入居しやすいから、どんな人でも、簡単に入居してきます。だから、トラブルを起こしやすい人が入っているか、或いは、入ってくるかも知れない可能性が高いことになります。また、その分、家賃を高めに設定している場合も考えられるので、注意が必要です。