住宅は購入するのがいいのか、それとも賃貸でいくのがいいのか。

購入と賃貸の選び方
購入と賃貸の選び方

住宅は購入するのがいいのか、それとも賃貸でいくのがいいのか

購入と賃貸の選び方
住宅は購入するのがいいのか、それとも賃貸でいくのがいいのか。この悩みはいつの時代もあると思います。
先日もテレビでやっていたのですが、今独身女性で年収300万円台の人達の間でも、マンション購入が増えているそうです。
その購入する理由としては、将来賃貸だと、出ていかなくてはならなくなった時、次が見つからないからという理由が多いのですが、これから先、時代の流れは高齢者中心であり、且つ単身者といった人も増えると思うのです。
そうなると、そういう人向けの賃貸物件が出てきたりするでしょうし、今から悲観的になることはないのではと思います。

でも、住宅購入とは資産を持つということなので、心に余裕も生まれますし、いざとなった時に売却するという選択肢も出てきます。ただ、住宅を購入すると、毎年絶対に固定資産税という税金がかかってきますし、マンションであるなら共益費等修繕積立金のような管理費が、毎月かかってきます。戸建てならば、修繕等は自分で行わなくてはならないので、そういった住宅購入以外のお金もかかってきます。
トータルで見ると、購入も賃貸も、かかるお金はあまり変わらないというのが、現在よく言われている状況です。

でも、私は生活のモチベーションを上げる為の購入等も、視野に入れて良いと思います。