日本の高度成長に比例して、都内や近郊に家を持つ人が多くなりました。

購入と賃貸の選び方
購入と賃貸の選び方

日本の高度成長に比例して、都内や近郊に家を持つ人が多くなりました

購入と賃貸の選び方
日本の高度成長に比例して、都内や近郊に家を持つ人が多くなりました。
その頃から、家=戸建て住宅からマンションへと、人々の印象も強くなった気がします。また、幾度かのマンション建設ブームにより、中古物件も飽和状態になりました。
そこから中古マンションをリノベーションする方向性も明確化し、最近では住宅を手軽に選ぶ時代になったと言えます。
自分も含め40代近い世代では、住宅を購入し一生住みつ続ける考えが、一般的だと思います。
しかし、最近の転職が当たり前の世の中を見ていると、賃貸住宅に住み、仕事や生活の流れにより住居を変えていく方が、より新しい生活がしやすい気がしています。
そういった観点から考えると、中古物件を選ぶのもいいのかも知れません。建築物の基準や品質も年々上がり、50年や60年とロングライフが可能です。
住宅購入は、オリジナルに設計する楽しみに対して、リノベーションでは改造する楽しみを感じられます。
賃貸住宅では、新しい部屋や環境を楽しめるので、今後どういった仕事をし、どんな趣味や夢を追い求めるかで、あれこれ検討してみるのも楽しそうです。

関連リンク