住宅を購入する場合でも、賃貸物件を選ぶ場合でも、最も大事なのは自分自身や家族の今後のライフステージにあった街を選ぶことです。

購入と賃貸の選び方
購入と賃貸の選び方

住宅を購入する場合でも

購入と賃貸の選び方
住宅を購入する場合でも、賃貸物件を選ぶ場合でも、最も大事なのは自分自身や家族の今後のライフステージにあった街を選ぶことです。

育ち盛りの子供がいる場合には、自然環境はもちろん、高校、大学に進学することを考えて、周辺の教育環境を十分吟味することが大事です。
両親と同居する場合には、周辺の医療環境や交通アクセスを考慮して、街を選ぶ必要があります。病院やリハビリ施設が近くにあっても、バスや電車でのアクセスが悪ければ、働く世代の自分たちに、負荷がかかる可能性があります。
家族のライフステージを考えて、自分たちにとってある程度バランスのとれた街を選んでから、物件選びに入ります。一番お勧めなのは、幹線道路から少し脇にそれた、道路に面した物件を選ぶことです。
幹線道路に面していないので、騒音に悩まされる可能性は少ないですし、バスや電車へのアクセスも良い可能性が高いと思います。
物件を選ぶ際には、その物件を建てた建設会社が信頼できる会社かどうかを見極めた上で、耐震構造、防災対策を最初にきちんと確認する必要があります。そして、次に物件のセキュリティ対策を確認してから、物件の中の構造につい、てゆっくり吟味していけば良いと思います。

関連リンク